エグゼクティブコーチング、コミュニケーション力、セルフマネジメント、モチベーション、目的達成といったマインド力を生かすコンサルテーション、研修・セミナー等を行っております。

エグゼクティブコーチング

エグゼクティブコーチング-1

先代から引き継いだ事業の財務体質が脆く長い間奔走してきたが、ようやく一段落し、ビジネスも軌道に乗ってきた。従業員との関係もそれなりに良好。経営者として、同業者や地域から一目置かれる立場にもなってきた。しかしながら、今後何を目標にしていけばいいのかわからない。方向性はあるものの、心から打ち込める目的が見つからない。という状態でした。

月に2度の対面セッションを受け始める前は、自分が世間のために生きていて、本当にやりたいことに気がつくことができていませんでした。納税額や人からの評価で自分を作っていたことにすらわかっていませんでしたが、次第に自分の気持ちを初めてコーチに話すことが出来るようになってきました。

大事な家族にも話せずに抱えていた気持ちを言葉にすることで、自分が本当はどう認識しているのかに気づくようになりました。初めは話すことに勇気が入りましたが、コーチは動じることなく受け止めてくれました。初めて本当に大切にしていきたい生き方に気づくことができたのは、鮎川さんがコーチとして、私のことを心から信頼し、関わってくれたおかげです。

今は事業目標と私自身の生き方が一致する目標が出来て、心から仕事を楽しみ、従業員や取引先、家族と関わることができています。また、業界の後継者育成にも力を注いています。そして、心を割って話せる新しい友人がたくさんいます。自分を作ることなく、ありのままでいることがこんなにも自然で楽しめるという感覚を得ることができるようになりました。

心から感謝しています。

(サービス業 経営者 40代)

エグゼクティブコーチング-2

海外への駐在が決まり、日本でのリーダーシップ課題を解決し、これまでの枠を超えたいと考えコーチングをお願いしています。

実際の赴任でぶつかるのはNSとの信頼関係と育成、与えられた任務の遂行をどう実現するのか、本社とのやりとり、自分自身のキャリア、家族のこと等多岐にわたります。

この状況下でいかに自らビジョンを描き実行していくかをサポートいただき、非常に助かっています。自分の軸を確認し立ち戻れる場所です。

多忙な毎日で自分一人ではマネジメントしにくい部分を考える機会があるため、メンタル面でも自分でコントロールできることが増えている気がします。

また、コーチングを受けるうちに国の違いを理由にするのは言い訳に過ぎないのだと考えるようになりました。難しい局面もありますが指示的にではなく、一緒につくり出す姿勢こそが重要なのだと理解できたことが大きなポイントになっています。

自分がこういった機会を得て変化することによって、組織全体への影響も大きいと認識しています。

(商社 部長 40代)

エグゼクティブコーチング-3

これまで自分なりに部下に対しビジョンを示してきたつもりでしたが、伝わっていないのか組織の雰囲気が停滞しているように思い、活気のある風土を作りたくて依頼しました。

コーチングではアドバイスをもらうというより、自分で気づくための質問が投げかけられます。初回は慣れませんでしたが、徐々に自分のビジョンがいかに曖昧で、実現へのプランを示せていたかったこと、自分にしかわからない説明の仕方をしていたことに気づくことが出来ました。

具体化へのアイデア出しを一緒に行っていただき、気づいたことを実際の行動に落とし込み、実際に行ってみてどうだったかフォローしていただけるので、非常に助かっています。まさに伴走していただいています。

もし、これまで通りのやり方をしていたらビジョンは絵に描いた餅、部下が求めている対応を相手が理解してくれる形で表現することは無理だったと思います。

これまで、いかに指示的な行動レベルでのみ話をしてきたか、指示をすれば動いてもらえると甘えていたかと思うと部下に申し訳なく思っています。

また、セッションの合間に、考え方をスキルとして提供してもらえるので、思いつく選択肢が増え、視野が広がりました。

社内の業務効率が上がり、確実に業績にも反映しています。アイデアを出し合えるような雰囲気に変化しています。

アドバイスだけを求めていたら、このスピードでは変化出来なかったと思います。自分で内省した結果の自らの答えだからこそ、自分で責任を持って実行できるのではないかと思います。

毎回、目的やテーマに沿って的確な質問を投げていただけることで、思考の奥にある本当に成し遂げたいことや気持ちというものを意識し、大事にするようになってきました。気づく能力が上がったと思います。以前には考えられないことです。

周りからの反応が少ない中で孤独感を味わってきましたが、荷物が軽くなりました。

(コンサルティング業 経営者 40代)



このページの先頭へ