エグゼクティブコーチング、コミュニケーション力、セルフマネジメント、モチベーション、目的達成といったマインド力を生かすコンサルテーション、研修・セミナー等を行っております。

Q&AQ&A

Q1. コーチングとはどのようなものですか

A

コーチングとは、一言で言うと、「人がよりよく生きるためのサポートをすること」つまり、自分のありたい姿に向かって、本来持っている能力や可能性を最大限に発揮し、ゴールを達成できるよう双方向のコミュニケーションを通して答えを引き出していくプロセスを「コーチング」と呼んでいます。
その過程においてコーチは、アクションプランを共に練る、障害となっていることを明確にする、必要である協力体制を作ること等を行っていきます。
コーチは相手が安心して何でも自由に話せる空間を作り出し、「どんなビジョンを持っているのか?」「本当は何がしたいのか?」「自分らしくあるとはどういうことか?」などいろいろな視点から効果的な質問を投げかけます。それによって、相手は選択肢が増えたり、あいまいな点が明らかになったりするので、自然と行動が促され、自分に対する気づきや学びを深めていくことができます。
コーチングでは「その人が必要とする答えは、全てその人の中にある」と考えています。コーチはこの考えを大前提にし、相手の中に無限の可能性があることを信じて関わっていきます。

コーチングのメリット

自分の気持ちや考えをありのまま、言葉にする。このことは、評価・判断のない、安全で勇気づけられる場所だからこそ可能になります。思っていることを言葉にして話すこと、そして内省を行ったり、これまでの自分とは異なる視点からものごとを見たり、考えていくこと、また時には考えを手放して感覚や気持ちをお話になることで、今まで常識だと思っていたことに捕らわれず、視野が広がり、自分を取り囲む周りが見渡せるようになっていきます。そうすることで、自分自身の在り方や、価値観に気づき確信を持って、ものごとを自ら選択し、行動し、望む成果を出しやすくなっていきます。

そして、「答えは自分が持っている」ということに気づかれるでしょう。自分はどんな人生を送りたいのか、どんな生き方をしたいのか、その答えが自分の中にあることに気づくことが、「自信」を持つことにもつながります。
セッションを受けられて、気がついたことを体験し、行動していくことで、ご自身の知恵や経験になって生かしていくようになる部分が増えていきます。それは、一度限りの会話ではなく、継続したセッションでフォローしていくので、やりっぱなしになることが少なくなるからです。

自分が求めていることに気がついたり、行いたい方向性に気がついたり、少し立ち止まって自分を見つめなおし、軌道修正を図ることで、自分自身の内面の落ち着きを取り戻し、対人関係を円滑にし、自信や能力を最大限に発揮し、結果的に、自分の本当に望む人生を自ら選択して生きていくことが出来るとしたら、世界はどのように変化し、広がっていくでしょうか。

Q2.「コーチングを受けること」と、「コーチング研修」の違いはどのようなものですか?

A

コーチングを受けること、コーチング研修でコーチング的コミュニケーションを身につけることには大きな違いがあると、クラリティマインドは考えています。

コーチングを受けるとは、自分のあり方と行動に焦点をあてていくことです。

ビジネスコーチング研修で学ぶのは、「共に納得感を得ながら成果を出していくのか」という相手へのかかわり方を学ぶことで、コーチング的なコミュニケーションスキルを身につけるのが主目的となります。

では、コーチング的コミュニケーションで関係者にコーチングを行うことと、プロフェッショナルコーチからコーチングを受けるのは何が違うのでしょうか?

Q3. プロフェッショナルからコーチングを受ける意義はどのようなものか教えてください。

A

気づいていらっしゃいますか?なんの評価・判断がない状態で自分が思っていることをありのまま話し、聞いてもらえる機会は人生の中で一体どれくらいあるのでしょうか?

友人、上司・部下、あるいは家族に相談する場合、相談相手の立場や関係性によって、また相談相手の捉え方や考え方を乗せて意見やフィードバックが返ってくるでしょう。思っていることをありのまま口にできるのは、コーチがプロフェッショナルとして心から信じて「クライアント」だけに焦点を当てていくからこそ可能になってくる場です。コーチングは、クライアントがお持ちのテーマについて自分の考えや思っていることをありのまま言葉にすることができる貴重な機会なのです。

真実をありのまま話せるからこそ、内省することができ、これまでの自分とは異なる視点からものごとを見たり、考え、また時には考えを手放して感覚や気持ちをお話になることがより可能になり、今まで常識だと思っていたことに捕らわれず、視野が広がり、自分を取り囲む周りが見渡せるようになっていきます。そうすることで、自分自身の在り方や、価値観に気づき確信を持って、ものごとを自ら選択し、行動し、望む成果を出しやすくなっていくことでしょう。

コーチはクライアントが発する言葉の奥にあるものを聴き取り、クライアントの声に表れる微妙なニュアンスや感情、そしてそのエネルギーにも波長を合わせ、クライアントが発している全てのものを受け取る存在です。

また、コーチとはクライアントが実現したいということを実現し、一度何かを選択したら、それを最後までやり通すことが大切であると考える人です。そしてまた、相手の中にあるもっとも素晴らしいものを、たとえまだ本人がそれに気づいていない場合でも、常に聴きとろうとする存在なのです。

したがって、コーチはクライアントが自らやると言ったことをやったかを常に確認し、彼らが夢や目標に向けて確実に歩み続けられるよう支える存在でもあります。

Q4 システムコーチング(関係性に対するコーチング)について教えてください。

A

どんな個人やペア、チーム、そして組織も絶対に孤立して存在してはいません。常により大きな全体(システム)の一部です。

システムコーチングは、コーチがシステムを構成する全ての個人と同時に関わり、自覚的で力強く、そして意図的に「本来の正しい関係」を創り上げていくプロセスです。

システムコーチングでは、コーチング、心理学、組織開発、紛争処理、量子物理学、感情的知性(EQ)、プロセスワーク、一般システム理論などからの智慧を抽出したシステムアプローチを行います。そして、現場で起きているリアルなテーマについて、実践的で包括的なセッションを行います。

1対1のコーチングと違って、その人が属している家族、組織、地域、国などとの重要なつながりや相互作用をもシステムをクライアントと考えることによって、個人のみでなく、組織やチームに対するセッションが行われることによって個々人が持っている情報や創造性がより組織やチームに還元されることになります。(CRRジャパンシステムコーチングより一部抜粋)

Q5.バランススコアカード(BSC)とは どのようなものですか?

A

バランス スコアカードは 1992 年、ハーバードビジネススクール教授ロバート・S・キャプランとルネサンスソリューション代表デビッド・P・ノートンの両名が米国の経営誌『ハーバードビジネスレビュー』で明らかにした経営管理手法の1つです。

バランススコアカートは企業の重要な要素がその企業のビジョン・戦略にどのように影響して業績に表れているかを可視化する業績管理手法です。企業のビジョンを財務・顧客・業務プロセス・人材と変革といった企業にとって重要な視点で捉え戦略マップに落とし込み因果関係を明らかにしていくことで、「なぜその業務が必要なのか?」といった意義を共有することができます。この視点は企業の特性によって「環境の視点」など変えていくこともできます。

また、企業の目標を各組織、従業員までが共有することができ、目標の連鎖し、コミュニケーションツールとして活用することができます。

・ビジョンと目標、戦略を効果的に組織全体に浸透させたい
・会社全体と各組織、個人の目標を連鎖したい
・経営トップから各社員がビジョンや目標を共有したい

といった課題に活用いただけます。

Q6. コア・トランスフォーメーションとはどのようなものですか?

A

コア・トランスフォーメーションは、コニリー・アンドレアス&タマラ・アンドレアスの二人によって開発されました。
現在、ご希望によりプライベートセッションとして行っております。また、ご自分でご自身にこのプロセスを行えるよう公開セミナーを実施しております。

改善したい、否定したいと思う習慣・行動や感情が「解決の道」になるとは?

(以下 一般財団法人 日本コア・トランスフォーメイション協会より抜粋

あなたには、「改善したい習慣や行動」、「許せないという感情」、「達成したい目標」がありますか?
多くの人は、あなたにとって好ましくない感情や反応、習慣をもたらすパート(部分、あるいは一面)は、邪魔な存在と思って否定しているかもしれません。
しかしパートの根源には、ポジティブな目的があるというのが、コア・トランスフォーメーション・プロセスの前提です。

コア・トランスフォーメーションを通じて得られると期待できる成果と効果
  • 達成したい目的に対して、持てるすべての力を発揮することができるようになる。
  • 自分に対して高い自己評価を持つことができるようになる。
  • 自分の中にバランスが取れた感覚を持つことができる。
  • 自分に悪影響を及ぼす感情から解放される。
  • 自分でコントロールできなかった行動を、好ましいものに変化させることができる。
  • 自分も他人も肯定することができるようになる。
  • 許すことができるようになる。
  • 自分と他人に対して、もっと正直になることができる。
  • 自分の内部の葛藤を解決することができる。

コア・トランスフォーメーションの経験により、あなたは、自分自身が癒され、感情的にも、身体的にも、精神的にも人間として成長するのを感じることでしょう。
このプロセスを実践することにより、あなたは、これまでの人生で「限界だ」と感じていたまさにそのことが、実は「解決への道」であると気付くことになります。

ここでは、このプロセスで得られる変化のうち、代表的なものをお伝えします。

  • 自己コントロール能力が身につく
  • いまある人間関係を改善し、素晴らしい人間関係をつくる
  • 周囲に惑わされる自分の本当に得たいものを見つける
  • 親から受け継いだ「望ましくないもの」を手放すことで、親との関係や自分のパターンを改善する
  • やりがいのある仕事が見つかる
  • 「心の安らぎ」「一体感」「至福」といった、全体的な感覚が生まれ、ありのままの自分を受け入れることができる
コア・トランスフォーメーション・プロセス

心の傷を癒すことや、人生の目的を達成すること、人間的成長のために、あなたが改善したい、否定したいと思う習慣・行動や感情と向き合い、自分自身の存在の深みに辿り着く「旅」のこと。この旅のことを「コア・トランスフォーメーションプロセス」と呼びます。
アファメーションやポジティブシンキングなどは、外側から変化させていくものですが、コア・トランスフォーメーションプロセスは、内側から働きかける方法です。あなたの改善したい感情や行動、心の傷を根本から急速に変化させていくのです。

プライベートセッションはこちらから
セミナーはこちらからご覧いただけます。
セミナーは初心者も安心して参加できるよう配慮しております。

『コア・トランスフォーメーション』癒しと自己変革のための10のステップ

『コア・トランスフォーメーション』
癒しと自己変革のための10のステップ

タマラ・アンドレアス&コニリー・アンドレアス (共著)
春秋社  ¥3,360 (税込)

Q7. セミナーやコーチング、セッションは誰でも受けることができますか?

A

事前ご確認事項を設定しております。
治療行為ではありませんので、下記のいずれかに該当する場合は専門家にご相談ください。

  • 神経科、心療内科に通院している(もしくは過去半年以内に通院したことがある)
  • 専門家からセミナー・コーチング、セッションを受けることを止められている。
  • 精神安定剤を服用している(もしくは過去半年以内に服用したことがある)


このページの先頭へ